聖フランシスコの道

コンベンツアル聖フランシスコ修道会
関町修学院
SEKIMACHI Formation House Franciscan Conventual

 
関町修学院
カトリックコンベンツアル聖フランシスコ修道会
 

  コンベンツアル聖フランシスコ修道会
   フランシスコとその兄弟たちの理想を生きたいと思う方へ

関町修学院からのお知らせ
 
今月のM.I.関町支部
 
2月の「聖母の騎士会」は、予定通り2月8日(水)に行います。
午前10時半よりロザリオ、ミサ聖祭を捧げます。
『けがれなき聖母の騎士会』(薄いブルーの小冊子)を
ご持参ください。
尚、感染症対策の為、ミサ後の集会はありません。
厳寒の折、皆様体調にはお気を付けてお過ごしください。
 

 

 
【年間~四旬節】
 
私たちは2月2日に「主の奉献」を祝います。
 
主イエス様は、お生まれになってから40日目に
両親に連れられてエルサレムの神殿に来られます。
 
律法に従って、神に捧げられるべく、
この子自身の贖いのため、
山鳩あるいは家鳩の雛を
いけにえとして捧げるために。
 
しかし、聖霊に導かれたシメオンは、
この子を贖う鳩ではなく
この子自身を腕に抱いて言いました。
 
「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり
この僕を安らかに去らせてくださいます。
わたしはこの目であなたの救いを見たからです。
これは万民のために整えてくださった救い」
(ルカ2・29~31)
 
これを聞いて驚く両親をしり目に、
シメオンは母マリア様に告げます、
この子は反対を受け、あなたも剣で心を刺し貫かれる、と。
(ルカ2・34~35参照)
 
キリストに深く結ばれた者の道、それが
地上的な喜びに満ちた享楽の道ではないことを、
福者ユスト高山右近殉教者(2月3日に記念)や
聖アガタおとめ殉教者(2月6日に記念)が
告げているかのようです。
 
そして私たちは2月22日の「灰の水曜日」を皮切りに
四旬節を迎えます。
断食や苦行を想起させる40日間ですが、それは
「神に心を向ける期間」であり、
その先には「復活の喜び」が待っています。
 
「地上の喜び」を手放して「天上の喜び」を目指す、
そんな生き方が出来たら、素晴らしいですね!
 
 
 
 
 
最新記事

[%new:New%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

[%category%]

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%category%][%title%]

[%tags%]

HOME

修道会概要 
コンベンツアル

聖フランシスコの生涯 
修道会の歴史 ゆかりの人物
 

神学院 
関町修学院

神学生のページ 
典礼資料集 入会案内
 

小神学校

聖コルベ志願院 
聖母の騎士高等学校
聖コルベ記念館
 

修道会報

『フラテルヌス・ヌンチウス』

聖母の騎士会 
聖母の騎士会

コルベ神父創立の信徒の会 
聖母の騎士社
 

ネットワーク 

日本管区の各地支部紹介
教会 学校 出版 福祉

電車

西武新宿線武蔵関駅北口より北へ徒歩3分

バス

JR吉祥寺駅より4番乗り場 西武バスにて約15分 
「関町北四丁目」下車 徒歩2分 

フランシスコ会
 

お問い合わせ

コンベンツアル会
コンベンツアル会関町修学院 
電話:03-3929-4127
入会に関するお問い合わせ